© 2023 by Coming Soon Countdown. Proudly created with Wix.com

  • パーソナルトレーナー水田

トレーニングの7原則のまとめ

トレーニングの7原則のまとめです

*トレーニングの7原則とは? トレーニングで、望むような効果を得るための、お約束事です。 ふだんのトレーニング(運動)で、「望むような効果が出ていない」 という方は、是非、チェックしてみてください


①オーバーロード(過負荷)の原則 日常生活レベル以上のトレーニング負荷をかけましょう

筋肉を刺激し、筋力を強化する(身体を変化させる)には、 最低条件として最大筋力の60%以上の負荷・強度が必要であるとされています。 最大筋力の60% = 同じ動作の反復が20回で限界となるような負荷 この事をオーバーロード(過負荷)と言います。

多くの女性の自己流トレーニングでは、 負荷が(重り)が軽すぎるため、身体に望むような変化が起こりません

②漸進(ぜんしん)性の原則 少しずつ、段階的にトレーニングのレベルを上げていきましょう

たとえば、普段5キロのダンベルでトレーニングしている人が、 いきなり15キロのダンベルに切り替えたとしても、目標とする回数が反復できない、 正確なフォームでトレーニングできない、最悪の場合ケガをしてしまう事にもなります。

特にトレーニング初心者の男性が、このような無謀なトレーニングを している場合が多く見受けられます。

③継続性の原則 文字通りトレーニングは継続して行う必要があります。 無理なく、持続可能なトレーニングをしましょう

トレーニングを中断した時点から、体力は衰え始め、 やがてはトレーニングを始める以前の体力レベルまで衰えてしまいます。 特に短期間で鍛えた体は、短期間で元に戻ってしまう事が知られています。

④全面性の原則 全身をバランスよく鍛えましょう

特定の部位だけを鍛えるなど、偏ったトレーニングは、 身体のバランスが崩れ、ケガの原因にもなります。(見た目にも変です) スポーツ選手の場合、弱い部分(鍛えていない部位)があると、 その部分がパフォーマンスを制限する要因となります。

⑤特異性の原則 目的に合ったトレーニングをしましょう トレーニングの効果は、トレーニングした様にしか出ません

わかり易い例を挙げると、陸上競技の短距離走、中距離走、マラソンなどの長距離走では、必要なトレーニングが変わってきます。 各スポーツ種目によって、特有の動きがあるかと思います。 同じ種目でもポジションによって違ったりもしますね。

またスポーツに限らず、腰痛・肩こり・膝痛の改善を目的とした場合でも、 それぞれに必要な運動の内容は異なります。 ヒップアップしたければヒップの、二の腕を引き締めるなら二の腕のトレーニングを しなければいけません(当たり前ですが)

⑥個別性の原則 1人1人、個人に合った運動をしましょう

運動する個人の性別、年齢、体力レベル、あるいは運動の目的などに合わせて トレーニングを考えていく必要があるということです。 男性と女性、子供と大人(特に成人になるまでは、各年代によって優先すべき体力要素が異なってきます)、競技であれば初心者と熟練者ではトレーニングの内容も変わってきます。

誰かのやっているトレーニングを、そのまま真似ても、自分に合うとは限りません!

⑦ 意識性の原則 トレーニングの内容を理解し、目的意識を持って行いましょう

そのトレーニングは何のために行うのか、そのトレーニングを行う事によって どんな効果があるのかを理解することが大切です トレーニングに対する理解が深まるほど、モチベーションも高くなり トレーニングの効果も高まります。

以上、トレーニングを効果的に行うための、基本7原則でした 過去記事で、それぞれを詳しく書いてありますので、 興味のある方は、そちらをご覧になってください♪

「よくわからないな~」と言う方は、お電話ください(笑)