• パーソナルトレーナー水田

トレーニングの7原則、其の四

トレーニングの7原則、其の四

全面性の原則


要するに 「全身をバランスよく鍛えましょう。」 ということです。

特定の部位だけを鍛えるなど、偏ったトレーニングは、 身体のバランスが崩れ、ケガの原因にもなります。(見た目にも変です)

スポーツ選手の場合、弱い部分(鍛えていない部位)があると、 その部分がパフォーマンスを制限する要因となります。

また身体の多くの部分は、二種類の筋肉がペアを組みながら機能しています。 (一方が収縮すると他方が伸張するといった具合に)

たとえばヒジを曲げる動作を例にすると、 収縮する(メインで働く)のは二の腕の前の筋肉(上腕二頭筋) 伸張する(反対の働きをする)のは二の腕の後ろの筋肉(上腕三頭筋)となります。 ヒジを伸ばす時はその逆になります。

メインで働く筋肉を主働筋、反対の働きをする筋肉を拮抗筋といいます。

主働筋が収縮するためには、いったん拮抗筋の働きによって伸張する必要があります。 また、主働筋による関節運動を止める(ブレーキをかける)のも拮抗筋の役割です。

したがって主働筋が十分に力を発揮するには、それと対になった拮抗筋の 筋力、柔軟性が十分でなければいけません。 (主働筋と拮抗筋のバランスが悪いとケガをしやすくなります。)

少し話が難しくなってしまいました。(スイマセン)

最初の部分、 「全身をバランスよく鍛えましょう。」 これだけ覚えておいてください(笑)

© 2023 by Coming Soon Countdown. Proudly created with Wix.com