© 2023 by Coming Soon Countdown. Proudly created with Wix.com

  • パーソナルトレーナー水田

夜食


夜遅くまで起きていると、お腹が空いてきて、 お菓子を食べたり、カップ麺を食べたり・・・ついつい、やってしまいますよね?


これが又、美味しいんですよね。

とはいえ、夜遅くに食べるのは良くないと、何となくは解りますね。

その辺を詳しく説明します。

夜、眠りに就いてしばらくすると、成長ホルモンの分泌が活発になります。

この成長ホルモン、 筋肉の合成を高める一方、 脂肪細胞に対しては、強い分解作用を持つと言う優れもの。

夜寝る前に食べ物を摂ると、血糖値が上がった状態で寝ることになります。

実は、血糖値が高いと成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうんです。 つまり、体づくりにも、脂肪燃焼にもマイナスになってしまいます。

そして、血糖値を下げるために分泌されるインシュリンは、 強い脂肪蓄積作用を持っています。

結論、

何一つイイ事が無いですね。(夜遅く食べると、妙に美味しいですけどね。)

夜食が食べたくなったら、思い出してくださいね。(笑)